介護者をサポート割安介護用品を販売

種類がある

種別は同じでも千差万別です。

一言で有料老人ホームと言ってもいろいろな種類があります。 まず身近なのは、住宅型と介護型です。 住宅型は簡単に言えばお年寄りの賃貸住宅にホームヘルパーさんが介護に来てくれる所です。 自宅と同じ扱いですので外部サービス(デイサービスや通所リハビリなど) の利用も可能です。 最近では居宅介護支援事業所も同事業所内に併設して同一事業所のサービスを提供するところも多いです。 もう一方の介護型は特養や老健と同じようにその建物の中で住宅環境から介護サービスまで全てを賄うところです。 表向き似たように見えるこの2つの事業所ですが、住宅型は居宅であり介護型は施設の扱いをしていますので異なっています。 そのため住宅型には比較的元気なお年寄りが入居され、介護型には障害を持ったお年寄りが入居されることが多いです。

住宅型有料老人ホームの問題

住宅型有料老人ホームは介護型に比べ、行政からの認可がおりやすいため、全国にたくさんの施設ができています。 料金体系は様々あり入居一時金を徴収するところやサポート費やレクリエーション代金と言った+ αの費用を徴収する有料老人ホームもよくあります。 そういったところですと入居一時金に約100万円(安いところもありますが)ほどの料金と月に15万円から20万円ほどの利用料金を徴収しています。 それでも大体のところは終身制を取っているので医療的な問題さえなければ終の棲家として利用することができるでしょう。 しかし高齢者はいつどのようなタイミングで病気になるか、また怪我をしてしまうかわかりません。 ホームによって様々ですが24時間体制で看護師が常駐しているところは少ないので、夜間に処置が必要な場合退去しなければならないところもあります。 住宅型有料老人ホームを検討する際にはまずは医療の状況をしっかりと確認することが大切だと思います。